ブログ

本陣平野屋ブログ

今夜は「十三夜」。

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま。
予約販売センターの河村です。

今夜は「十三夜」のお月見、中秋の名月(「十五夜」)に並ぶ名月です。
旧暦9月13日にあたる日の月を鑑賞する習慣・・・、
中秋の名月に続く月という事から「後(あと)の月」とも呼ばれますね。

皆さんのお住いの地域では、「十三夜」の夜のお月さまは、観れていますか・・・?
お月さまを見ながらお団子は、最高ですよね( ´艸`)

この後、仕事終わりに僕も、お団子を買って帰ろうかと楽しみしています 笑笑
えっ?!「仕事中に食う事ばかり考えるなよぉー」って思われた皆さま、
今日は、食欲の秋という事で、ツッコミ入れないで頂けると嬉しいです・・・σ)>ω<*)テヘ

↑さっき、赤い中橋周辺で撮影した高山の夜空は、こんな感じでした!!
☆彡1つ、発見・・・、他は雲に覆われて観えませんでした・・・( ;∀;)

ハロウィン♪

こんにちは。旅館嫁の真保です♪

本日の話題はこちら!!

じゃん!

普段からお世話になっているお馴染みの稲豊園さんの和菓子です。
(画像お借りしました)

こちら期間限定発売のハロウィンセット!
練り切り好きのわたしはこの知らせを見てさっそく予約しました♪

さっそく受け取りに!

気になるお味はこちら↓

  • ミイラ(くるみ入黒餅のようかん巻)
  • 目玉(求肥製 ミステリアスな木いちごあん入)
  • ジャックランタン(ねりきり製、つぶあん入)
  • ドラキュラ(ねりきり製品、こしあん入)
  • スパイダー(上用まんじゅう、国産栗あん入)

子供たちは怖がりながらも楽しみました。

4歳になる長女はお抹茶が大好きなのでお抹茶と一緒にいただきました。

娘はかぼちゃをチョイス♪


小さな手で「そぉそと」茶碗を持ちます。(そぉそと は飛騨弁で慎重にとか、ゆっくりという意味で「そぉそと持ちないよ」「そぉそと運転していきないよ」みたいなかんじでよく使います♪
日常で使い過ぎて意味ってなんだろって思ったときに説明しずらいですね(笑)

久々の登場の息子はめだまっちをチョイス♪
めちゃめちゃ怖がりなんですが、美味しくいただきました。(笑)

さておき、このハロウィンセットは10月15日から10月30日までの予約限定販売だそうです!

【ハロウィンセット 2021】

店頭、オンラインショップにて販売(店頭は予約のみだそうです)

HP⇒★稲豊園ハロウィン★

稲豊園さんは昔ながらの和菓子から、ユーモアたっぷりオリジナリティたっぷりの練り切りなど作ってみえます。相談次第でオリジナルのお菓子も作ってくださるようです。



そしてオンラインショップがあるというのはとっても便利ですね。
最近高山になかなか行けていないなぁ。
早く行きたいなぁ。

と思われているお客様、是非高山の和菓子をお手もとに♪


稲豊園さんの毎年大人気な栗よせ。今年も予約いっぱいだそうですね。
うちの女将さんも購入するのにやっとやっとだそうですよ。

もちろん!ご存じの方も多い、猫子饅頭もネット通販可能だそうです♪
是非一度ご覧になってみてください♪



ハロウィン気分を手軽に味わえて楽しかったです。

和菓子大好き旅館嫁でした♪

情緒あふれる一枚

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま。

予約販売センターの河村です。

突然ですが、どこの写真かお解りになりますか・・・?

正解は・・・

昔の「本陣平野屋」の様です・・・

常務曰く、先日、色々と整理していたら、ひょっこり出てきたらしく・・・笑笑

どのくらい昔に、なるんでしょうね・・・

歴史情緒あふれる一枚に出会えた、本日でした・・・。

陣屋だんご♪

予約センター吉田です。
食欲の秋ですね。
通勤途中に、
平野屋のすぐ近くの「陣屋だんご」の前を通ります(^^♪
このお店の醤油の香ばしいにおいだけでも美味しい!と思う、
買うか買わないか、出勤時に自分に問うことがしばしばあります(笑)

このお店の団子は、もちっと柔らかく、
しっかり焦げ目もついていて香ばしく、
地元民、観光客問わず、
長い間ず~と人気のお店です♪

飛騨には、沢山のみだらし団子店があり、
スーパーの横や、イベントにもよく出店されています。
焼き方もタレの味もお店によって様々。食べ比べるのも楽しいですね。

団子と言えば、愛知県で初めて食べた、甘い団子は衝撃的でした!
〇〇年前ですので、現在のように情報も少ない頃、
醤油からい団子がどこにも無く、甘い団子のお店があちこちに有り、
驚きました・・・が、
食べてるうちに、甘い団子も美味しくなったことを思い出します☆彡

「陣屋だんご」は高山陣屋前交差点の角にあります。
朝市へ行かれる時、散策で小腹が空いた時に、
食べてみて下さいね♪

火・水曜日が定休日です。

秋のしつらえ

こんにちは、旅館嫁の真保です。

今日はお部屋の掛け軸をご紹介。

こちら柿が描かれた軸です。お気に入り♪

こちらは紅葉のお軸。6階の客室です。
温かみのある朱色が映えます。スズメさん?も独り占めできて嬉しそう♪

高山市の紅葉はまだもう少し先になるようです。楽しみですね。
国分寺の大銀杏の木を今年は子供に見せてあげたいです♪

そしてこの日はお花の先生が来てみえました。

先生たちの仕事の邪魔にならぬ様、私も一緒に館内の花をいけるときの様子を見せていただきました。


生け花というと剣山に刺す生け方を思いますが、当館の客室はほとんどが「壺生け」(つぼいけ)と言いまして、花瓶に入れて生ける方法です。

池坊 浅野晶子先生とお弟子さん達に旅館の花をいけていただいております。

なんと不思議、お花達が先生の言うことをお利口に聞いて壺に入っています。
剣山がないのに、自由自在に生ける先生。

わたしは「なんでお花が言うこと聞いてるのですか?」なんて質問したり(笑)

「あのねぇ経験値よ」なんて言われたり(笑)




先生の選ぶ花材はシンプルでいて、でも可憐な足元すっきりとさせたお花の入れ方がとても好きです。
場所によって、かわいらしくも、綺麗にも、おとなしくもなる生け方をされます。


いつかのブログでご紹介したように、花兆庵のロビーにございますオブジェもこんなかんじで先生が長靴を履いてダイナミックに生けます。

(こちらの写真は去年3月のものです)
オブジェの花も季節によって変わります。
梅雨はあじさい、夏はひまわり、冬は椿などなど・・。


季節でお花が変わる、お軸が替わる楽しみポイントがたくさんございます花兆庵をお楽しみくださいませ。

わたしもお花の勉強に勤しみます!!

旅館嫁でした。

2021年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

検索

最近のコメント

過去の記事