Language
ブログ

本陣平野屋ブログ

〝雫宮祭〟 in 2021

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま。
予約販売センターの河村です。

本日はあいにくの雨天の中、「雫宮祭」が開催されました。
飛騨に春を呼ぶ風物詩として、勇壮な酒だる神輿がまちに繰り出す「雫宮祭」。
昨年は、新型コロナウイルス感染症の感染防止の為、やむなく中止に (-_-;)
今年は、例年より規模縮小し、ウイルス終息を祈願して開催されました。

実は僕、今年が初めての雫宮祭の見学だったんですよねェ (;^ω^)
来年こそは、無事に開催を迎える事を切に願います (-人-〃)祈

すったて汁は温かい

こんにちは♪旅館嫁の真保です。
今日も暖かいですね。
もうヒートテック離れの気温になってきました(笑)

昨日の白川郷記事にたくさん反応してくださって嬉しいです。
ありがとうございます。

ではお昼ごはん編いきます!
お昼は白川郷名物で有名な「すったて汁」
を求めていきました!

すったて汁とは??
「すったて」とは、石臼ですりつぶした大豆に、味噌や醤油をベースにした出汁から作られた、白川郷で祝い事や報恩講(浄土真宗の行事)で親しまれていた郷土料理だそうです。
はいからに言えば豆乳スープ?

シャトルバスの運転手の方に、すったて汁がたべたいけど
どこがおいしいのですか?と伺ったところ、出てきたのがそう、
白川村平瀬温泉の「おお松」さんのすったて汁。
白川郷集落から車で15~20分くらい行ったところにあります。
平瀬温泉ですね。

白川郷集落の中にもすったて汁をたべられるお店は何件かありました!
せせらぎ公園駐車場すぐの「合掌」というお食事処でも召し上がれます!
ですが今回は運転手さんおすすめのところへ。


「おお松」のすったて汁はニッポン全国鍋グランプリという、
日本の食文化の普及や地域おこしを応援する大会があり、
白川村南部地域の有志で結成された「白川郷鍋食い隊」さんが伝統の味に創意工夫を加えた「白川郷飛騨牛すったて鍋」を持って参戦し、
2014年に初出場初優勝、2015年大会では準優勝したらしいのです!

真っ白な汁の中に根菜と飛騨牛が入ってました。
あとは白川郷産の肉厚な「キクラゲ」!!
これがまた美味しいんです!!こりっこりのプリっぷり!
キクラゲのイメージが一瞬で変わりました(笑)
いつも添え物のイメージなのに主役になれるくらい美味しかったです!

汁はアツアツで豆の優しい素朴な香りがしました。
おお松のすったて汁は白川郷の水で作られているそうです。
おお松のおかあさんも優しい方で、たくさんお話してくださいました。

お店構えはレトロな喫茶店なんです。
メニューも色々あって、全部美味しいらしい!
わたしはどて煮も頼みました。これもすんんごく美味しかったー!!!

お漬物もご自身で漬けられるそうで
美味しすぎて買って帰りたいほどでした!!

最後におお松のお母さんがサービスで出して下さった「身欠きにしん」
よかったら食べて~と。
わたしも知らなかったんですがニシンの干物です
戻した干物が筋ごとに欠き易くなることから「身欠き」
「磨き」だとおもったんですが違いました。

ジュウジュウいって、味がしまったニシン凄く美味しかったです。
お母さんは麹につけたものを出してくれました。
とってもお酒が飲みたくなりました。(笑)

「最近の若い人はこんなニシン出してもたべんでしょ?年寄の食べ物やでな」
なんて言ってみてましたが、そんなことない!
お母さんのあったかさに包まれました。

コロナで人と人を極力近づけない、話さない毎日ですが
距離があっても画面でしか会えなくても
心の距離を近づけるってこういうことか~と思いました。
前にうけたセミナーで「物理的距離はあっても、心理的距離は近づける」
という言葉があって、ほんとうにその通りだし
このおお松のお母さんが物語っているなと。
これが「その地へ行かないと食べれない、味わえない」
ということなんだなって。高山も同じですね。

白川郷に行ってみて、里山のやさしさ良さを改めて感じて
自分の住む高山がもっと愛しくなりました。
もっと高山を知っていかないとなって思いました。

おお松のお母さんありがとうございました。
又絶対いきます!

白川郷に行かれたら、
お時間ありましたら是非平瀬温泉「おお松」行ってみてほしいです。

長い文を読んでくださってありがとうございました。
また一つ学んだ旅館嫁でした!

白川郷へいってきました!

こんにちは。旅館嫁の真保です。


お恥ずかしながら行ったことのなかった白川郷へ、
宣言解除後に勉強しに行ってきました。

ずっと前にお客様に白川郷の駐車場や観光ルートを尋ねられ、
良いお答えができなかった自分がもう情けなく、恥ずかしくて恥ずかしくて泣
女将が助けてくれました。
実際に見てみないとやはりわからないと思い、
観光客モードではなく、メモ帳とペンを握りしめ行ってまいりました!


ですが子どもがその日ちょうど熱を出して行けなくなったり、
再び緊急事態が出たりでなかなか行けなかったのですが、
タイミングが合い、ささっと行ってこれました!

駐車場はせせらぎ公園駐車場にお停め頂いて、
そこからであい橋をわたり、集落の観光をするかたちです。
高速を降りてすぐに白川郷道の駅がありますが、
そこではなく、せせらぎ公園駐車場の看板が指すところまでいきます。

道の駅もお土産や資料があったりと少し楽しめます。

駐車場に車を停めて、1000円かかります。
であい橋↓橋がつるつるで怖かったです(笑)

そして集落にインしました!
早朝に出かけたのでまだまだお店が開いていません。

こちらの写真、自分で撮ったものですが皆様がよく目にする
いろんなポスターや雑誌に載っている景色ですね。
こちらの景色は天守閣展望台から望めますよ。
いつもならお客様でごった返し、景色を見るのに長蛇の列だとか!
スタッフさんも、カイロ3枚貼りのヒートテック2枚着て寒い中
ずっと立っておられました。凄い。
コロナ禍の中でも少しのお客様にも楽しんでいただきたいとずっと営業されてるそうです。
展望台には「てんぼうだいのカフェ」というコーヒーを頂ける場所も
ありますよ!

シャトルバスは白川郷JAさんのお店の前にバス停があります!
バスセンターがありますが、そこからシャトルバスはでません。
JA白川町の前にバス停ございます♪
定期的に出てますのでそれに乗って展望台まで行きます。
片道200円です!

歩きだと大体10分から20分かかりますが、
自然の中を歩きながら展望台まで登るのも人気だそうです。
わたしはもう寒すぎて歩けない!!と思いバスに乗りました(笑)


やはり時期が時期だったので観光客の方も少なく、
私の行きたかったカフェ落人(おちうど)さんも臨時休業しておりました泣
落人さんの天然水で淹れるコーヒーを飲みたかったんです。
コーヒーやカフェオレなどホットドリンクを注文すると店内の好きなカップを選ばせてくれるそうで、すごく粋なサービスだなと思って楽しみにしていたんですが(泣)

右上のギザギザした山が剣ヶ峰です
ギザギザがよく見えました。

有名な和田家さんも臨時休館でした泣

国指定重要文化財の和田家さん。築後約300年経っていますが今も普通に生活してみえる、白川郷の代表的茅葺き合掌造り住宅です。
間口14間、奥行き7間の建坪は、白川村に残された合掌造りの家屋としては一番大きいお家です。
1階の一部と2階を公開して下さってます。
囲炉裏の間や仏間があり、昔、実際に使われていた生活用具や民具、農具のほか、婚礼時や祝い事に使用された赤漆の食器などを展示されています。
https://www.shirakawa-go.gr.jp/active/13/


そしてこちら↓

なにかわかりますか?
こちらは合掌集落を火災から守るために定期的に水を茅にかける放水銃です。
114戸の合掌家屋が並ぶ白川郷では、放水銃の点検を兼ねて年1回秋に実施しているそうです。

写真はありませんがよく見られると思います、放水訓練の様子。
まるで水のカーテンの様ですよね。

放水銃もちっちゃな合掌造りの形をしていました。
おもしろい~!


さくっと一周して、茅葺屋根をまじかにたくさん見ることが出来て、
観光ルートもわかり、お客様に説明できるよう言葉をまとめておきます!

そして明日は白川郷のお昼ごはん編を更新致します!!
お待ちくださいませ~

旅館嫁でした♪


ZOOMでセミナー

こんにちは!旅館嫁の真保です♪
連日、お泊りでないお客様もお雛様を見に、旅館へお越しいただいて、
嬉しい毎日です♪
飛騨弁が行きかうフロントのなんとにぎやかなこと!

飛騨の元気なお母さん達がみえて、やはりお詳しいので
ちょっとした豆知識なんかも会話の中で、教えてくださいます♪
「これ山田の土雛やにけな」「むっかしいとこが作っとったさ」
なんて(笑)

今日も晴天な高山です!でもさぶいですよ~。



先月、まだ休館中にはセミナーをうける社員がたくさんいました。
わたしもその中の一人で、
今回はインバウンド対応研修に参加しました!
高山市海外戦略課の方主催でした。
初めてのZOOMで参加です。
イヤホンを付け、カメラをパソコンにつけて、
やり方もわからなかったので緊張しました汗


初級、中級と2コースあり、私は初級を受けました♪

別館の事務所でストーブで暖まりながら、ぬくぬくと受けさせてもらいました♪

平野屋からは私と花兆庵お客様係のS木さんが参加です♪
中級編にはK谷さんが参加しておられました!

私達以外にも旅館の方、バス会社、ガイドさん、など20名ほどで受けました。

講師の先生がお二人みえて英語って、英会話って難しくないんです。
と教えてくださいました。
日本人は自ら英語を難しくする傾向があるそうです。
真面目な性格の日本人は完璧に話さないといけないと思うそうで、
難しい文法にもっていくんだそう。

「簡単な単語と、ジェスチャーと、あとは心を添えれば伝わるよ」

だそうです。
たしかに。わからないものはわからないし、日本人がネイティブに勝てるわけはないし、そこに一生懸命お答えしようとする心があれば、
伝えたいこと聞きたいことは分かり合えるそうです!

で、実際にテキストの英文を皆で読んでみたりしました。
ペアは他の会社の方とです。
私にも順番が当たってきました。
棒読みで、単語単語を読むので精一杯でした(笑)
先生も優しく「うんうん、大丈夫ですよ」
と聞いてくださり安心ホッッ。

金額を英語にしたり、時間だったり、中学のころ習ったはずなのですが、
やはりいきなり向き合うと単語がでてこない、なんて読むんだっけ、
わからなくてどうしようどうしよう!となりましたし、
以外にも中学で習った英語が日常でかなり使える単語が多いんだなと。
セミナー自体はすごく楽しくてまた参加したいと思いました!

これから高山に海外のお客様が戻ってきてくださるのを願いながら、
私も勉強していきます!

来週から新入社員研修が始まります。
楽しみ♪

旅館嫁でした。




アサツキ

こんにちは!旅館嫁の真保です。
本日の気温は12度。
暖かいけど冷たい風が吹く高山です。

さて花兆庵お客様係のY田さんがフロントにてなにやら作業しておりました。

こちら!そう浅葱です。アサツキと読みます。
お雛様の季節になるとお雛様の所々にこの葱のようなものがあります。
お客様の中には毎年話題になるのでもうご存じかと思います。

アサツキは葱とは少し違って、葱独特な匂いもありますが、
辛味が強いのが特徴です。

アサツキは浅葱とかくように、ネギより浅い緑色をしている事からそう呼ばれるようになったようです。

お雛様にアサツキを飾るのは飛騨の習わしです。

3月にまだ雪深い飛騨の地で、春一番に顔をだすのがこのアサツキ。
桜も梅もまだ咲かないのでアサツキが春の植物を思い浮かばせるもののひとつです。
また、まっすぐ上に向かって伸びるので、女のお子様の成長を見守る、
道をそれないように成長するようにと願いもこめる。

あとは、お雛様たちの宴会が夜な夜な行われるので、
その際ごちそうを食べるときの箸にもなるように。と

お客様はなんで葱が飾ってあるの?と聞いてくださいます。
こんなにたくさんの思いが入っているアサツキ。
ただの葱ではありませんね。
そんな飛騨のお雛様がより一層知りたくなったわたしです。

Y田さんはそんなアサツキの水替えをしてみえました!
濁っていたり、すぐに伸びるんですよね。
この間もフロントS木さんがアサツキを切ってまわってました。

葱の香りがふわふわとかおるチェックアウト後のフロントでした(笑)

なんとこの日の入れ替えたアサツキはY田さんの家の畑でとれたようです!
すごいー!!皆にみっちゃんみっちゃんと呼ばれています。
ニコニコ笑顔で「朝とってきたんやぁ~」と教えてくれました!
Y田さんの笑顔のファンは沢山いらっしゃると思います。
見るとほんわかしますよね。

毎年この時期になると、お雛様にアサツキが飾ってあるのを見て、
うちの大女将も
「スーパーでアサツキ買ってきて!味噌で和えてたべたい」
と言っております。
そうなんです、不思議と食べたくなるんですよね。
これ絶対飛騨にお住まいの方は一緒なのでは??(笑)

大女将!次は絶対買ってきますからー!
いつも忘れてすいません!!(笑)

皆さんもスーパーで見かけた際はこのブログを思い出してください。
一緒に味噌で和えて食べましょう♪
卵でとじても美味しいですね。
わたしは新メニュー考えます。
また美味しく出来たらアップしますね♪
旅館嫁でした!

PS,昨日のブログを見ていただいた方ならわかりますが
とんでもない良いタイミングで大量にさつまいもを
もらってきた主人です。仕組まれてますか?(笑)
当分芋祭りの有巣家です・・・・。(笑)


そのうちもうスイートポテト見たくない!と言う日も近そうです。

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

検索

最近のコメント

過去の記事