Language
ブログ

本陣平野屋ブログ

松野さんの煎茶勉強会★

皆さま、初めまして。私はフロントのM口と申します。

ブログにちょこっと登場した事もありますが

この度本日のブログ担当に任命されました。

緊張しながら臨んだ、もしくは挑んだ体験を皆様に

お伝えできればと思います。

何卒、初心者ですので乱文お許しくださいませ。

今回は講師にまつの茶舗さんをお招きし、お茶の淹れ方勉強会を

致しました。

お茶の歴史は古く歴史上の人物達も愛されてきました。

ですが、現在では家庭に急須がない所も増えており

こんな時代だからこそ、美味しいお茶をお客様に届けたいという

まつのさんの熱意がお話しでも伝わってきました。

皆さんはお茶の美味しい時期はご存じですか?

立春から数えて八十八日が飲み頃で八十八夜に摘んだお茶は

長生きできると言ういわれもあるそうです。

研修中にはめったにお目にかかれないお茶を堪能したり

普段、私たちがお客様に提供しているお茶をいかに美味しく淹れるかを

研究したり

スーパーに販売しているお茶と何が違うのかを説明して頂きました。

改めて、お茶の世界は簡単には色が出せない味わい深いものだと実感

しました。

お店に来た時は気軽に質問して下さいと心温まるお言葉も下さり

ますますお茶FANになってしまいそうです。

当館のお茶はくき茶・焙じ茶ともまつの茶舗さんにお願いしています。

機会があればお客様係にくわしく聞いてみて下さいませ。

最後は皆でお片付け

終わりよければ、すべて良し(皆さんさすがの女子力♡)

NEWスピーカー★

「カメラを持って至急貴賓室へ!」

先日女将から連絡があり、
急いで向かうと、、、


何やら談笑中の男性達が。

何をしているのか伺ったところ、
貴賓室に新しいスピーカーを導入したばかり
とのこと!

そのスピーカーがこちら♪


名古屋木材さんが自社開発したスピーカー
LIGNOaudio SP-50SS】でございます!

素材には名古屋木材さん独自の木材圧縮技術で硬く加工した
国産ヒノキを使用しており、
高いデザイン性と優れた音響特性を併せ持つ一品です!
組立には飛騨の家具メーカー”シラカワ”さんの協力も得ています!

スピーカーの内部も特徴的な作りになっています↓


円錐形のリフレクターが、
下から放出する音を反射する仕組みとの事。

そのため、スピーカーからどの位置に居ても
心地良い音を受け取る事ができるのです♪

実際に聞かせて頂きましたが、
空間全体に音が広がっている感覚で
聞き心地も大変良かったですよ♬


スタイリッシュで優しい木彫は、
貴賓室・華やぎの間にもとてもマッチして見えます!

華やぎの間にご宿泊の際には、
LIGNOaudio SP-50SS】を是非とも体感頂き
心地良い時間をお楽しみ下さいませ♪

スピーカーについてもっと詳しく知りたい方は
名古屋木材株式会社HPhttp://www.meimoku.co.jp/
LIGNOaudio SP-50SS ウェブサイト:https://lignoaudio.jp/
をご覧くださいませ♪

大島でした!

楽しかった修学旅行 第2弾★

大島です!

本日の高山は最高28℃の夏日!
日向にいたらジリジリと日焼けをしてしまいそうなほど!

そんな本日の平野屋別館は、昨日に引き続き
修学旅行のため貸切となっております(^_^)

お客様の人数は、昨日を上回る180名以上!


宴会場ではご覧のように、お膳が騒然とならんでおります(゜゜)
係達も付け忘れなどないように
慎重に・素早く仕度をしていました!


現在学生さん達は宴会・レクリエーションの真っ最中♪
高山で色んな経験、思い出を作って頂きたいと思います(*^^*)

楽しかった修学旅行★

今日の平野屋はというと、


朝から何かがはじまる予感!
前日のお客様のチェックアウトが済むやいなや、宿かふぇのテーブルが運び出されていきます。


純粋な木で出来た椅子・テーブルはかなりの重さ!
細谷も運び出すのを手伝いました。


まっさらになった床はキレイに掃除★
ここまでキレイに家具がはけるのは、年末の餅つき以来です。

その後、大型バスが何台もやってきて・・・


このように。大量のカバンが運び込まれました。
みなさん、もう何が起きたかお分かりですね?
今日は修学旅行のお客様が来ています♪
別館貸切で泊まるのは生徒さんだけでも150人以上!!
古い町並みや高山陣屋にほど近い平野屋を拠点に、
高山の旅をお楽しみいただきます♪
今ごろは飛騨牛に舌鼓を打っていることでしょう。
大きなバッグに収まりきらないくらい、たくさんの思い出を作ってくださいね★

生徒さんたちの若さを目の当たりにして
歳をとったなあと思うアラサーの細谷でした。
(毎年同じようなことを言っている気がします)

ワンカちゃんの名前の由来

 

 

 

HOLA〜

ご存知でない方のために

ワンカの名前は故郷のペルー・ワンカヨ市(Huancayo)がもとになります。

標高3,350mにある人口約30万人の都市です。

富士山の頂上に30万人住んでいると考えてください。

私の母国ペルーにある都市と高山市が友好関係にあることを

知っている人は少ないと思います。

平成25年8月に高山市とウルバンバ市の間で交流がスタートしました。

 

 

でも、同じペルーでもワンカヨからウルバンバはすごく遠いの。

 

 

車で行くと道のりは約843Km。片道18時間近くかかります。

遠いでしょ。

私、ウルバンバの事はあまり詳しくないので、

ワンカヨの代表として引き続き平野屋で頑張ります!

現在、インバウンドのエキスパートになるため猛勉強中!

 

 

でも、インバウンドの事より先に日本語を勉強して方がいいみたい。

チンプンカンプン

この本重すぎ!

 

 

 

                         ワンカ

 

 

 

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

検索

最近のコメント

過去の記事