Language
ブログ

本陣平野屋ブログ

玄関前〝車寄せ〟の舗装工事 終了のお知らせ

~ 玄関前〝車寄せ〟の舗装工事 終了 ~

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま
ありがとうございます。
予約販売課の河村です。

先日より、“別館”玄関前の舗装工事が始まりましたが、
この度、無事、工事が終了致しました!!

【玄関前の新しい〝車寄せ〟の姿をご覧下さい!!】

月末の〝営業開始〟へ向けて、着々と準備進行中!!
ちょっぴり新しくなりました〝本陣平野屋 別館〟へ
是非、足をお運び下さいませ (´∀`艸)
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。



真心込めたお料理と共に
素敵な飛騨の旅路の思い出づくりのお手伝いに
本陣平野屋 花兆庵 別館 従業員一同
心よりお待ちしております。

〝熱中症〟対策に十分注意を!!

~ 感染予防と熱中症 ~

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま
ありがとうございます。
予約販売課の河村です。

連日の豪雨に憂鬱になりつつあると、
気が付けば、連日の猛暑に悩まされる日々へ… ^^;

心配されるのは、熱中症対策。
皆さまは、〝熱中症対策〟万全でしょうかァ??

今年の熱中症シーズンは、
新型コロナウイルスの対策が続く中で迎えます。
マスク着用で熱中症リスクが例年以上に高まっています。
例年以上に備えを徹底する事が必要だと思われます!!

水分補給だけに頼らず、塩分の補給も忘れずに!!
十分な熱中症対策を行い、逆に、
この季節を精一杯楽しむぐらいの気持ちでいきましょう!!

(※環境省・厚生労働省 作成資料参照)

*******************************************



真心込めたお料理と共に
素敵な飛騨の旅路の思い出づくりのお手伝いに
本陣平野屋 花兆庵 別館 従業員一同
心よりお待ちしております。

【ゆるめる、みつめる、たかめる】瞑想研修会★

昨日は千光寺バサラホールにて、
本陣平野屋 瞑想研修会でした。

瞑想(めいそう)と聞くと、
何やら宗教的なものを感じて、
敬遠する人もいるかと思いますが、

瞑想は脳と身体をリラックスさせ、
自分の内側と向き合うために行います。

社長と女将も入れて参加者12名、
みな初めての瞑想。
【ゆるめる、みつめる、たかめる】

休館の今だからこその体験でした。
午前2時間、午後2時間。

みんなで食べる昼ご飯は、
やはり笑顔溢れる楽しい時間でした。
男性陣は愛妻弁当だから、余計に嬉しそう♡

午後のラビリンスでは【歩くこと】を体験し、
歩きながら「これからの自分」を
イメージ出来たような気がします。

心身共にリフレッシュ!
再開に向けて今日からまた一歩。

そして、これからも日々
少しでも瞑想するよう、
心がけていきたいと思います。

わかおかみ

〝きままな散策diary ~ Go To 飛騨大鍾乳洞〟

~ Go To 飛騨大鍾乳洞 ~

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま
ありがとうございます。
予約販売課の河村です。

本日の高山市内も、朝から激しく雨が降り続いています。
曇や雨の日が多く夏前の梅雨日が続いており、
本格的な梅雨の始まりを感じています… (^^ゞ

また、梅雨明けを迎える頃には…
近年の暖冬だった年の夏は、猛暑も予想されますよねェ?
この冬を思い返すと猛暑への備えは怠れません (^^ゞ
「コロナ禍」で厳しい状況が続いていきますが、猛暑と、
毎年の様に発生する天災にも注意が必要ですねェ…。

さてェ、本日、ご紹介する〝今の姿〟の観光地は、
幻想的な雰囲気の〝飛騨大鍾乳洞〟をお届け致します。
(日時:2020年06月13日土曜日.訪れました)

*******************************************
/// 飛騨大鍾乳洞の紹介 ///

市街地から少し離れた丹生川町(にゅうかわちょう)にある
〝飛騨大鍾乳洞〟は、国内屈指の観光鍾乳洞です。
(※全長800mに及びます。)

日本に約80ヶ所ある観光鍾乳洞の中で日本一の標高。
洞内は真夏でも平均気温12℃!!
夏には涼を感じられるスポットとしてもオススメ (^_-)-☆

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓
〝飛騨大鍾乳洞の紹介 公式サイト〟

〝06月01日月曜日〟より〝営業再開〟されています!!

雄大な山々が連なる北アルプスが控える飛騨高山。
四季折々の自然を楽しむ観光客も多い中、
飛騨高山へお越しなら是非、その大自然の神秘に触れに…。
長い年月の時をかけて創造された世界へ!!

これから、飛騨・高山へ観光へお越しの際、
未体験のお客様は是非、当館共々、お立ち寄りください♪
(宿泊+観光ルートにいかがでしょうか (^_-)-☆)

ここからは、観光レポをお届けします ( ,,>ω•́ )۶

*******************************************
/// 〝日本一宿儺鍋〟 宿儺まつりの名残り ///

【入館の為、入場券売り場へ向かう途中…〝鍋〟??】

↓   ↓   ↓

鍾乳洞受付前に設置されてるこの〝鍋〟
直径6.1mの日本一の鉄鍋!!重さ9t ∑(°口°๑)

以前は、地元の丹生川町の恒例行事で
〝飛騨にゅうかわ宿儺(すくな)まつり〟がありました。
(期間:平成13年~平成19年)
日本一大きい直径6.1mの鉄製鍋を炊いて、
五穀豊作を祝いみそ鍋を作り来訪者に振舞われていました。

「日本一の宿儺鍋」(重さ9t)にもなり、
容量は200Lのドラム缶約193本分、
高さ2.8mのかまどに置かれた鍋に、
5000Lの水、大根870本、葱300kg、豚肉300kgなど、
地元特産の具材約10種類を入れぐつぐつ煮込んだそう…。
農産物バザーなどもあり楽しそうなイベントだった様です。

そして役目を終えた今、鍾乳洞受付前に設置されています。
(歴史を知る事・知れる事は、ホント面白いですねェ♪)

【さァ、今度こそ、入場券売り場へ向かいます 笑笑】
(当日も、飛騨地方は凄い雨の量でした ^^;)

↓   ↓   ↓

入場料は、こんな感じになります。(※HP 参考)

【入館後は、こちらを進んでいきます】
(雨の日は,足元が滑りやすいのでご注意を ^^;)

【入口前には、鍾乳洞内の案内図があるのでチェック!!】
(下段図は,HP参照の順路。参考にどうぞ。)

*******************************************
/// いよいよ、大鍾乳洞内の探索スタート ///

【全長約800mにも及ぶ見どころをお楽しみ下さい!!】
〝子宝地蔵〟

〝三段の滝〟

〝海百合化石〟
(3億年前の海底生物)

〝竜宮の夜景〟
/// 鍾乳洞おすすめスポット その1 ///
(HPの様な上手く撮影出来ませんでした 笑笑)

↓   ↓   ↓

飛騨大鍾乳洞の序章…。
青く照らされた地下水の上に広がる蒼白の鍾乳石は
最も神秘的な世界を演出しています。
(※HP参照)

〝夢の宮殿〟
/// 鍾乳洞おすすめスポット その2 ///

↓   ↓   ↓

飛騨大鍾乳洞は、鍾乳管(ストロー)と呼ばれる
つららの様な鍾乳石が多く見られる事が特徴。
(※HP参照)

〝ローマの遺跡〟
(何かに吸い込まれそうな感覚です… ^^;)

〝神秘のロウソク〟

〝酒類洞窟低温貯蔵庫(飛騨高山の地酒)〟
(第一洞を進むと途中に見えて来ますよォ!!)

〝愛深スポット 第一洞と第二洞を結ぶ地下道〟
/// 鍾乳洞おすすめスポット その3 ///

↓   ↓   ↓

様々なLEDライトが幻想的な空間を演出。
このトンネルを通るカップルの愛は深まる!?
(※HP参照)

ちなみに、
深める相手いないので検証出来ませんでした 笑笑
ヾ(≧▽≦)ノあははは!

〝軍用トンネルを利用した「ウド」栽培〟

↓   ↓   ↓

洞窟で栽培する事で、温度・湿度が一定に保たれ、
日にあたらない事で白くて長い「ウド」が育ち、
「高級食材」として利用される様ですよォ。

〝幸福の滝〟

↓   ↓   ↓

ここで皆さんが
幸福を願って行くのだとかァ…。

〝宇宙の滝〟

〝学名 洞穴シールド〟
/// 鍾乳洞おすすめスポット その4 ///
(間近で見ると凄い迫力でしたねェ ^^;)

↓   ↓   ↓

辿り着くまでの道のりはかなり細いので要注意!
洞穴サンゴで形成され大胆な石の裂け目が見事です。
(※HP参照)

洞窟探索は、一旦、ここまで…
神秘さ…、写真から伝わりましたかァ… (・・?

*******************************************
/// 帰り道 ///

【〝さるぼぼ〟が出迎えてくれます (^_-)-☆】
(イチオシは〝ゆず茶〟でしょうかァ??)

【出口には〝子宝神社〟が祀られていました】

【帰りの道中は〝七福神〟様が見守ってくれてます】

【お土産買って,一休みされてはいかがですかァ?】

兎にも角にも、
なが旅?! お疲れ様でした。。。

*******************************************
/// お・ま・け ///

【最後に皆さんで記念撮影はいかがですか? (⁎˃ᴗ˂⁎)】
(撮影台があるので,ひとり様でもok!!)

【御昼どきなら、駐車場には美味しいお店も (⁎˃ᴗ˂⁎)】
(川魚定食+飛騨と云えば〝朴葉味噌焼き〟を忘れずに♪)

【飛騨大鍾乳洞に併設されたコレクション館】

時価2億円相当の金塊と世界の美術品・装飾品など、
約1000点が展示されている「大橋コレクション館」。

コレクション館は鍾乳洞入り口の途中に立ち寄れます。
館内は撮影禁止の為、写真でお伝え出来ません。
是非、直接、お立ち寄り頂き歴史を感じませんか?

*******************************************

約2億5000万年の時を経て創造された大自然の神秘
〝飛騨大鍾乳洞〟 いかがでしたか??

ちなみに、ここで紹介した幻想的な画は、ほんの一部?!

飛騨高山を訪れるなら是非、
皆さまも直接、足を運んで頂き、
その自然の神秘さに魅了されてみませんか??

是非、
高山へお越しの際、
本陣平野屋へお越しの際は、
お立ち寄り下さい ( ๑>ω•́ )ﻭ✧
きっと、幻想的な世界感に誘われる事、間違い無し!!
(館内は〝マスク着用〟必須なのでお忘れなく。)

他の宿泊施設の皆さまも、
同様の理由で、観光施設を周っている様子です。
僕たちも負けずに、足を運んで情報発信に努めます!!

次回は、「飛騨高山 まつりの森」にあります
〝高山祭ミュージアム〟の散策レポをお届け(予告)♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
この新型コロナウイルスの感染が落ち着いたあかつきには、
笑顔でお客様をお迎え出来る様、宿泊業・観光業の皆さま、
同じ気持ちで、共に進んでいきましょう (๑• ㅂ• )و✧
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



真心込めたお料理と共に
素敵な飛騨の旅路の思い出づくりのお手伝いに
本陣平野屋 花兆庵 別館 従業員一同
心よりお待ちしております。

〝きままな散策diary ~ Go To 日本屈指の山岳景勝地 上高地〟

~ Go To 日本屈指の山岳景勝地 上高地 ~

いつも本陣平野屋のブログをご覧頂いている皆さま
ありがとうございます。
予約販売課の河村です。

ここしばらくは、スッキリしない天気が続く模様…。
梅雨明けの晴れわたる日々が待ち遠しいですねェ (^^ゞ

営業再開に向け、本格的に動き始めた日々。
これからの社会に、新たなライフスタイルを予見し、
お客様と共に、新しく安全な楽しみ方を模索し、
広がりを持ったサービスを提供していければ幸いです。

さてェ、本日、ご紹介する〝今の姿〟の観光地は、
〝日本屈指の山岳景勝地 上高地〟をお届け致します。
(日時:2020年06月10日水曜日.訪れました)

*******************************************
/// 上高地の紹介 ///

北アルプスの山々に囲まれた標高約1,500mの高地に位置。
雄大な穂高連峰と美しく透きとおった梓川、
幻想的な大正池や神秘的な明神池など、
四季折々の景観が楽しめる日本屈指の山岳リゾート。
中部山岳国立公園の一部として、
国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定。

高山市内からオススメ出来る観光スポット (^_-)-☆
その時季その時季、その場所その場所により、
様々な表情を見せてくれる上高地の自然。
上高地のひとり占めしたくなる景観の中を歩き、
自分だけの上高地の〝姿〟を探索してみませんか?? 笑笑

↓↓↓ 詳しくは ↓↓↓
〝上高地 公式サイト〟

ここからは、観光レポをお届けします ( ,,>ω•́ )۶

*******************************************
/// 日本屈指の山岳景勝地 上高地へ到着 ///

【当日は、高山BC⇒平湯経由⇒上高地の濃飛バス利用】
(高山発は始発を利用しました (ρω・).。o○)

↓↓↓ 高山・平湯温泉から上高地へはこちらから ↓↓↓
(市内から比較的アクセスし易い点も魅力♪)
〝濃飛バス・上高地線 公式サイト〟

【出発前に〝案内図〟で現在地と歩行ルートをチェック】
(ひさびさの山登り??に多少緊張しています)

*******************************************
/// 歩き始めて直ぐに〝梓川〟へ ///

【美しく透きとおった景観に早くも鼓動が高鳴ります!!】
(写真は〝右下⇒上流〟から〝左下⇒下流〟へ)

【上高地のランドマーク〝かっぱ橋〟】
(木製の吊り橋が周りの風景と調和しています)

【橋を渡り終えた対岸には、レストハウスがあります】
(散策後は、こちらで昼食でもいかがですか??)

↓   ↓   ↓

実は、散策を終えたあと、
こちらの〝カフェ小梨さん〟で、
〝カレーライス〟を美味しく頂きました 笑笑
(レストハウスの〝信州りんごジュース〟もオススメ♪)

*******************************************
/// ゆったりと流れる時とともに散策・木道へ ///

【抜群の景観!! 目の前に広がる〝新穂高連峰〟】
(威厳と風格を漂わせる,あまりの雄大さに感動…)

【ここからは梓川右岸より〝明神池〟を目指します!!】
(神秘の造形美で魅了する明神池を見に行きます)

【〝明神池〟迄の、木道をご紹介させて頂きます♪】
(約3.3キロの1時間コースの道中をお楽しみ下さい!!)

↓   ↓   ↓

(途中、開けた場所にて休憩します。。。)

↓   ↓   ↓

(澄み渡った渓流の水が冷たくて気持ちイイですねェ♪)

↓   ↓   ↓
(さァ、あと半分の道のりを進みます (●≧ω≦)9)

【明神橋へ到着。明神岳最南峰を見上げる景色は圧巻!!】
(まさに絶好の撮影ポイントの一つ!!)

*******************************************
/// 〝明神池〟へ ///

【まずは、穂髙神社奥宮へ向かいます】

【神社の趣深い神秘の〝明神池〟を眺めに…】
(拝観料・大人300円)

【神社の趣深い神秘の〝明神池〟を眺めに…】
(穂高神社 奥宮 境内図)

↓   ↓   ↓

(〝明神池〟 一之池)

↓   ↓   ↓

(〝明神池〟 二之池)

神秘さ…こちらの写真で伝わっていますか… (・・?

兎にも角にも、
後は、来た道を、戻って行きます。。。

*******************************************

〝日本屈指の山岳景勝地 上高地〟 いかがでしたか??

ちなみに、ここで紹介した撮影風景は、ほんの一部?!

歩みを進めると聞こえてくる
心地よい清流のせせらぎ、
見事に調和する景観、
皆さまにも直接、足を運んで頂き、
あのひとときを味わって頂ければ幸いです!!

お子様連れのご家族さんも、
〝かっぱ橋〟のレストハウスで、
穂高連峰を見ながら食事もオススメです♪

是非、
高山へお越しの際、
本陣平野屋へお越しの際は、
お立ち寄り下さい ( ๑>ω•́ )ﻭ✧
きっと、風景写真以上の味わいがそこにあります!!

他の宿泊施設の皆さまも、
同様の理由で、観光施設を周っている様子です。
僕たちも負けずに、足を運んで情報発信に努めます!!

次回は、〝飛騨大鍾乳洞〟の散策レポをお届け(予告)♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
この新型コロナウイルスの感染が落ち着いたあかつきには、
笑顔でお客様をお迎え出来る様、宿泊業・観光業の皆さま、
同じ気持ちで、共に進んでいきましょう (๑• ㅂ• )و✧
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



真心込めたお料理と共に
素敵な飛騨の旅路の思い出づくりのお手伝いに
本陣平野屋 花兆庵 別館 従業員一同
心よりお待ちしております。

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

検索

過去の記事