Language
ブログ

本陣平野屋ブログ

「2019年03月」の記事一覧

インバウンド過去最高を更新

 

 

 

「インバウンド」とは

元々は「外から中に入り込む」という意味ですが、

最近は外国人の訪日旅行の意味で使われることが多です。

そのインバウンドが凄いことになっています。

去年(2018年/平成30年)、

外国人旅行消費額の合計は

過去最高の4兆5,064億円となりました。

一人当たりの支出の平均は約15万円。

(日本政府観光局発表)

4兆5,064億円?

数字があまりにも大き過ぎてピンときませんよね。

日本国は47都道府県でまとめられています。

内閣府は県内総生産のランキングを発表していますが、

訪日外国人が去年日本で消費した4兆5,064億円は、

30位から47位の県の経済規模を上回っています。

 

 

国別の訪日外国人旅行消費額を見ると

1位は中国の3,661億円(31.5%)で、

全体3割以上を占めています。

次いで韓国1,507億円(13.0%)、

台湾1,414億円(12.2%)、

香港874億円(7.5%)、

アメリカ780億円(6.7%)と続いています。

消費額の内訳は35.6%4,126億円)が買い物代、

30.1%3,494億円)が宿泊費、

20.5%2,377億円)が飲食費、

10.5%1,224億円)が交通費、

3.3%380億円)が娯楽等サービス費

訪日外国人旅行者数も2013年に

史上発の1,000万人を超えて以来、

2016年に2,000万人を超え、

去年はとうとう3,000万人を超えました。

岐阜県の人口が約200万人ですので、

岐阜県の人口のおおよそ15倍の人が

日本を訪れたことになります。

ここで面白いのが、

インバウンドは貿易で例えると輸出とみなされます。

海外の方々が日本に来るので輸入のような感じがしますが、

円安になると日本の製品が安くなり

海外でたくさん売れるのと同じ発想で、

円安になると訪日外国人の旅行者数も増えるからです。

ちなみに、2020年の目標は

訪日外国人旅行者数4,000万人突破です。

岐阜県20個分の旅行者になります。

これからも色々な海外のお客様を

ブログで紹介できることは間違いないでしょう。

お楽しみに。

 

 

 

        韓

 

 

 

 

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

検索

最近のコメント

過去の記事