Language
ブログ

本陣平野屋ブログ

「飛騨高山の観光情報」の記事一覧

☆星フル乗鞍de天体観測☆彡

こんにちは女子力委員会S木です!

先月、乗鞍岳星空観察会という期間限定イベントの視察会に

女子力委員会メンバー2人で参加してきました!(^^)!

夕方17時50分に高山駅をバスで出発、

その後、朴の木平バスターミナルを経由して乗鞍畳平へ。19時30分頃到着!

★星空弁当★を食べてから観察会です♪

残念ながら、その日は曇っていて標高2702メートルの夫婦松駐車場に着いても

ガスがかかっていて・・・(T_T)

満天の星空を観ることが出来ませんでした。

もし晴れていたら・・と思うと、

あの静けさの中、澄んだ空気の中で星空観測はとても素晴らしいものに

なっていたと思います!残念。

でも、専門家の先生による星の解説を聞いたり、

ドリームスター号で天体観測が出来たり、とても素敵な時間を過ごせました。

何より気持ちが癒されました。

頂上付近は雪も残っていて・・・温度も10℃程。

冬用のダウンジャケットやコートを持って行ってもいい位でした。

そして、広い駐車場に寝転んで、星を眺めるので、敷き物や毛布などがあると良いです。

写真は頂上付近で雲の切れ間に見えた日の入りです。

今後の開催日は、8月23日・24日・30日・31日、9月6日・7日・20日・21日

乗鞍エンジョイプロジェクトが主催しています♪

 

令和最初のブログ

 

 

今日は、
新元号制定記念
「高山祭屋台の特別曳き揃え」
の日ですが、
朝からザーザー降りの雨。
雨に濡れることのできない
無形文化遺産であるは屋台は
それぞれの屋台蔵で
待機することになりました。

 

 

からくり実演も龍神台のみ、

屋台蔵の中で、

10時と14時に行うことになりました。

せっかく高山まで来たのに・・・

残念・・・

と頭をがっくりうなだれる方もたくさんいました。

でも、日頃の行いが良い人が

大勢暮らす高山、

日頃の振る舞いが模範的な人が

たくさん集まる高山、

神様が令和初日を雨のまま終わらすはずがないです。

その予想は見事的中。

15時頃には雨も止み、

どんよりした空模様ではありましたが、

一つ、また一つと屋台が蔵から出て参りました。

ご覧ください。

 

 

ウィリアム・シェイクスピアも言いました。

「All is well that ends well.」

終わり良ければ全て良し。

令和は始まったばかりですが・・・

 

 

            韓

 

 

 

 

飛騨の里へ★

こんばんは、細谷です。
だんだんと雪の日が増えてきた飛騨高山です。
12月も下旬に突入しましたが、これからやってくるのは
そう、クリスマス!
毎年やってきます。


チラシの右下の情報ですが、
平野屋から車で約10分!
気軽に合掌造りを鑑賞できる【飛騨の里】で
クリスマスライトアップが行われます!
期間・時間  22日~25日の17:30~20:30
伝統的な合掌造りと近代的な電灯のコラボレーションで
ロマンチックなクリスマスをお楽しみくださいませ★

そして年明け。
1/12~2/28は冬のライトアップも開催されます!
合掌造りと言えば雪景色♪
圧巻のスケールを持つ世界遺産の白川郷は大人気ですが、
近場で楽しめる飛騨の里もオススメです★

防寒完備でお越しくださいませ!

北アルプス 3大パノラマ 1Day Tour体験♪

小林です。

まず最初に・・・

本日はとってもなが~いブログとなっております。

写真だけでもご覧くださいませm(__)m

 

 

先日、売店:K下課長と二人で、お出かけをしてきました♪

 

 

朝7:45

集合場所は「高山濃飛バスセンター」。

 

濃飛バスさんによる、定期観光バスツアーに参加してきました(*^^)v

その名も、

北アルプス 3大パノラマ≪上高地・乗鞍・新穂高 1Day Tour≫ 

で、ございます。

 

 

出発前に乗車券と、参加バッジを受け取ります♪

 

そして、8:00出発。

 

 

平湯温泉を経由して向かう先は、“3大パノラマ”1つめ≪新穂高ロープウェイ≫

峠道を抜けるとすでに、きれいな山々が視界に入ってきます。

 

 

9:40

新穂高 第2ロープウェイ「しらかば平駅」に到着しました。

 

 

この時点ですでに、標高1308m!!

ここから、展望台のある「西穂高口駅」まで2階建てのロープウェイで、

7分間の空中散歩を楽しみます♪

 

展望台は、標高2156m。

全長2598m。高低差はなんと845mもある第2ロープウェイ。

 

途中の鉄塔を通過するときには、フワっとするのでスリルもあります(゜o゜)

 

 

あっという間に到着した展望台は晴天!気温17℃!!

とても涼しく感じます♪

 

たくさんの方がカメラを構えたり、望遠鏡をのぞいていました♪

 

 

思い起こせば約7年前の冬。社員旅行で訪れた新穂高ロープウェイ。

吹雪と霧の中の展望台でなんにも見えなかったあの日とは大違いの絶景に感動する小林。

 

 

槍ヶ岳・中岳・南岳・北穂高岳・・・

3000m級の山々がくっきり見えました♪

 

そして、正面には「笠ヶ岳」。

 

 

別館の7階(展望浴場)から遠くに眺める笠ヶ岳よりも、

近くて大きく、そしてきれいに見えました♪

 

↑別館からみえた、いつかの笠ヶ岳。

 

さてさて、大きな山々を眺めたあとは、ロープウェイを下り再度バスに乗車♪

 

 

 

11:40

「平湯バスターミナル」に戻り、お昼ごはんのお時間です。

 

そうです!こちらのツアーは、お昼ごはんもついているのです♪

 

 

ごはんがススム「朴葉みそ」。「飛騨ポークの冷しゃぶ」で腹ごしらえバッチリ!!

売店もゆっくり見ることができ、K下は真剣な表情でお土産を見ていました。

 

12:00過ぎにはバスターミナルを出発し、

続いて向かった先は長野県!!

 

安房トンネルを通り30分ほど。

 

 

13:30

“3大パノラマ”2つめ≪上高地≫到着!!

 

 

まずは大正池。

 

焼岳の噴火でできた池。

青空がキレイで、水面も美しく見えました♪

 

 

焼岳もバッチリ!!

 

 

外国人カップルも気持ちよさそうに休んでいました♪

 

 

一昨年の夏。小林が家族と訪れた際には、雨と霧でこんな景色でした。

カッパ姿で歩いたながめた景色。

それもそれで幻想的な景色だったのですが・・・

 

 

しかし今回は、暑いくらいのお天気。

木陰が涼しくて森林浴が気持ち良かったのでございます。

 

 

梓川のきれいな水を写真に収めてみたり、

 

 

昆虫を見つけたり、お花を見つけたり。

 

 

鳥たちの会話に癒されたり・・・

 

日常とは違う景色・音・空気を身体で感じて、K下も小林もウットリしておりました。

 

 

そして、有名な河童橋まで約1時間歩いて、水分補給を兼ねて休憩!!

 

 

時間がない!!と慌てて戻ったら、出発時間まであと30分との事。

集合時間を勘違いしていた小林でした。

 

はい。皆さま、集合時間はキチンと覚えておきましょう!

 

 

そんなワケで残りの30分は、バスターミナルで甘いものを食べて体力を温存することにしたのでした。

ソフトクリームおいしかったぁ)^o^(

 

 

 

 

 

そして、15:00前に上高地を出発!

 

 

山肌険しい道をグングン登って・・・

 

 

松本市内まで見渡せるところまでバスは進みます♪

 

 

雲の上を走っているような気分で約50分。

16:00少し前に到着したのはこちら。

“3大パノラマ”3つめ≪乗鞍 畳平≫

 

 

先程登ってきた道は、乗鞍スカイラインでございます♪

標高なんと2702m。

 

 

元気な方はここから、魔王岳(2763m)へ登ります♪

30分で往復できる山頂を目指してみましたが・・・

 

 

上高地でがんばりすぎたK下&小林は、途中で景色を眺めておりました。

 

 

高山植物を眺めたり、お花畑を眺めたり、池を眺めたり、雷鳥をさがしたり。

30分ほどの滞在時間で思い思いの過ごし方ができるのでございます♪

 

 

そして、16:40頃には畳平を出発!

先程まで晴れていた乗鞍スカイライン。帰りは霧に包まれながら下って参りました。

 

 

普段はパソコンの前にいて運動不足の小林。

たくさん歩いて、目も心も癒された一日に大満足♪♪

帰りのバスの中ではグッスリ眠ってしまったのでございました(+o+)

 

気が付けば18:10。

あっという間に高山濃飛バスセンターに到着しておりました♪

 

一日でこんなに素晴らしい大自然の景色を満喫できるなんて、

なんてよくばりなツアーでしょう(*^_^*)

 

高山に2連泊される際の2日目にいかがでしょうか?

 

 

 

こちらのバスツアー、8:00~18:10のコースでお一人様9300円。

もちろん、昼食と新穂高ロープウェイの往復乗車料金も含まれております♪

 

 

親切な濃飛バスの運転手さんとガイドさんも同行♪

少し長い移動時間はずっとガイドさんがお話をしてくれて、

飛騨のこと、山のこと、各スポットのこと、特産品や名産品のこと・・・

退屈せず、しかも勉強になったのでございました♪♪

楽しい一日をありがとうございました!!

 

 

とっても長いブログになってしまいましたが、

最後までご覧いただきありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

=小林の思い出=

 

バスの乗車券とロープウェイの乗車券。

そして出発時から痛かった靴擦れ用のばんそうこう。

靴下は長めを選ぶべきと学びました。

春の高山祭!! ~1日目~

春の高山祭!! ~1日目~

天候に恵まれ、最高の環境でスタートした高山祭。
IMG_0541.jpg-1.jpg
早速、からくりを披露する屋台達が赤い中橋を渡り、陣屋前に向かいます。
IMG_0553.jpg-2.jpg
一番手は”三番叟”。
IMG_0558.jpg-3.jpg
童子が舞い踊ります。
曲に合わせて、非常に細やかな動きを見せますemotion07
IMG_0559.jpg-4.jpg
パッ!と扇子を開き、紙吹雪が舞うと一斉に拍手が起こりました♪
IMG_0564.jpg-5.jpg
と、手前の箱が開き
IMG_0565.jpg-6.jpg
ゆっくりと顔を近づけていくと・・・
IMG_0566.jpg-7.jpg
IMG_0568.jpg-8.jpg
なんと翁に早変わり!
IMG_0581.jpg-9.jpg
見事な変化と舞を見せてくれました★
IMG_0585.jpg-10.jpg
お次は龍神台。
舞台は琵琶湖に浮かぶ竹生島。
行き倒れの老人(=実は龍神)を童子が助ける話です。
IMG_0596.jpg-11.jpg
夢の中で老人が龍神であるというお告げを聞いた童子は
酒に酔いつぶれた老人を壺に詰め、
IMG_0606.jpg-12.jpg
それを湖に捨て、去っていきます。
IMG_0612.jpg-13.jpg
すると・・・
IMG_0613.jpg-14.jpg
一瞬にして龍神が現れ、怒り狂います。
これ、本日のベストショットです!
IMG_0615.jpg-15.jpg
これもベストショット。
IMG_0619.jpg-16.jpg
ベストショット。
IMG_0620.jpg-17.jpg
ベスト。
大学4年間を琵琶湖のほとりで過ごした細谷には、
なんだか親近感のわく物語でした。
IMG_0642.jpg-18.jpg
腕が疲れた細谷はここでカメラを木村に託しました。
とても多くの人がからくりを見に集まっているのがわかります。
IMG_0645.jpg-19.jpg
最後にからくりを披露したのは石橋台。
IMG_0647.jpg-20.jpg
美しい女が踊っているかと思うと突然、
IMG_0650.jpg-21.jpg
獅子に姿を変え、舞い踊ります。
ちなみに花兆庵の大浴場は”石橋の湯”といいます。
常務を筆頭に、売店部も奮闘しておりました!
IMG_0594.jpg-22.jpg
焼き魚。
香ばしい香りが一帯に広がります・・・!
整然と並んで、引き抜かれるのを今か今かと待ち望んでおります。
IMG_0591.jpg-22.jpg
常務がせっせと焼いているのは
IMG_0593.jpg-23.jpg
飛騨牛の串焼き!
.。oO(おいしそう・・・)
IMG_0588.jpg-24.jpg
.。oO(おいしそう・・・)
IMG_0592.jpg-25.jpg
IMG_0590.jpg-26.jpg
新人:M脇さん「から揚げも揚げもちも、おいしいですよ~!」
IMG_0653.jpg-27.jpg
I井さんは花兆庵前でお土産の試食販売!
IMG_0657.jpg-28.jpg
先日宣伝した”祭”Tシャツ
やはり海外の方に人気だそうですemotion07
IMG_0658.jpg-29.jpg
売店内部にもたくさんお客様がいらっしゃいました!
祭は明日も催されます。
みなさまのお越しをお待ちしておりますemotion07
ここで予約販売センターより朗報
明日 4月15日、空室がございます!
絶好の機会に一度、お祭りを見てみませんか??
<<<予約はコチラから!!>>>
本陣平野屋 花兆庵

本陣平野屋 別館

お待ちしております♪
揚げもちを食べたかった細谷でした。
財布の紐は、桜の蕾より固かったのです。



******* ******* ******* ******* *******
◆◇オリジナル商品&お土産の購入はこちらから◇◆

******* ******* ******* ******* *******
◆◇本陣平野屋のホームページもご覧下さい◇◆
  
******* ******* ******* ******* *******
ブログランキング参加しております。
お気に入りの際はクリックしてください。
    ↓
にほんブログ村 旅行ブログ ホテル・旅館へ
人気blogランキングへ
******* ******* ******* ******* *******

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

検索

最近のコメント

過去の記事