ブログ

本陣平野屋ブログ

飛騨高山の秋の味覚  『棗(なつめ)』

 祭りも終わって、ほっとした雰囲気の今日の飛騨高山
 さわやかなお天気です。
 ご近所のTさんが、今日は、脚立に乗って、
    棗(なつめ)を採ってみえました。
  001.JPG
棗(なつめ)は、飛騨びとの秋の食卓になくてはならぬ箸やすめの一品。
 こんなふうに、庭の棗をとる姿が、あちこちで見られます。
 004.JPG
  撮った棗はこんな感じ。
  親指ほどの実です。
  朝市にも売っています。
 生で食べると、りんごのような味です。
 小学校へ続く川端の道に、棗が成っていて、
      手に届くところにあると、とって食べたものです。
 
005.JPG
これは、うちの母が煮たなつめ。
   なつめの「ホゾ」をとって、湯煮(ゆに)・・ゆでること・・して、
   それから砂糖をたくさん入れて、ことこと煮る。
    手間のかかるものです。
    でも、めちゃくちゃおいしい!!
    棗を煮て食べるのは、飛騨地方だけらしいですよ。
    山の中ならではの生活の知恵。
    なんでも食べる飛騨びとの知恵。
       最初に作った人だれだろう?
            
                おかみでした。

2007年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

検索

過去の記事